テナントビルのエントランスデザイン

f:id:manekinekoo:20180111104018j:plain

f:id:manekinekoo:20180111102342j:plain

テナントビルのエントランスデザインです。

自分の作るものは比較的シンプルなデザインなのでそれほど手間はかかりません。

モデリングよりは質感やライティングに時間がかかります。

これくらいのCGならばサイクロンソリッドでも十分できます。

決して現在のCADとかのデザインにレンダリングが負けてるとも思いません。

ただ、ラジオシティが使えないのですが、レイトレーシングなら他のCADとも同じだと思います。

 

ラジオシティでレンダリングはCADデザインではあまり無いと思います。

CADだとレイトレーシングが一般的でだと思います。

綺麗な方がいいですけど、ラジオシティはレンダリング時間もかかります。

レイトレーシングのレンダリング時間は小さい画像だと数分で終わります。

それでもちょっとイライラとしたりしますけど・・・

昔の何時間もかかった時代とはまったく違います。

昔の人は大変だったんですね(^^;)

おそらくレンダリングは20年前から比べると100倍以上になったんだと思います。

レンダリング5時間が3分(100倍)に短縮ですから・・・

恐ろしいくらい早くなったのだと思いますね。

 

サイクロンソリッドと他のCADのデザイン制作の比較

f:id:manekinekoo:20180107121727j:plain

f:id:manekinekoo:20180107121731j:plain

上記は僕のデザインしたものです。

サイクロンソリッドと他のCADをデザイン制作で比較すると。

サイクロンソリッドの方がデザインしやすいと感じます。

その理由を述べますと。

 

1.モデラ―とレンダーが一体化しているので一貫したデザイン制作ができる。

2.レンダリングはレイトレーシングでまあまあ綺麗

3.モデラ―が単純な機能しかないのでデザインに集中できる。

 

サイクロンにはこのような意外な長所があるのです。

自分でも驚きました(^^;)

レンダーも一体化しているってのは3DCGソフト的なんですが。

結果的にデザインをしていくうえでやりやすい感じです。

でも最終的には操作の慣れが必要になってきます。

スケートボード立てスタンドデザイン

f:id:manekinekoo:20180101170422j:plain

スケートボードのスタンドデザインを作りました。

これくらいならサイクロンソリッドでも楽勝でできます。

レンダリングはこれが限界ですけど・・・

 

最近またモデリングをやってみて思ったのが、

20年やっててもまだ発見がある所に驚きました。

サイクロンソリッドは奥が深いです(低機能だけど)

低機能なぶん自分が工夫して作ってる感じがあります。

創意工夫とはまさにこのことです。

そして最後はイマジネーションが湧くかどうか?

ソフトの性能は多少関係ありますが、

最終的には問題でないのかもしれません。

MoI 3.0 簡易モデラ―ツールを試してみた。

f:id:manekinekoo:20171231111940j:plain

MoI 3.0というモデリング専用ツールを試してみた。

機能が絞られていてとても使いやすいのだが・・・

たしかに初心者でもサクサクと作れそうなのだが・・・

僕がまだ理解していないのか機能が足りない?

例えば、エッジを選択して曲線化したりできないように見える。

頂点は自由に変更できるのだが、エッジが曲線化できない。

あくまでもブーリアン演算で作れってことなのだろうか?

それとも面から切り出して立体化することが必要なのだろうか。

まだ何とも言えない。

 

サイクロンとの比較になってしまうが。

オブジェクトのエッジを自由に曲線化できるのが楽しいのだが。

それがサイクロンでは当たり前にできる(一般的な3Dソフトもできると思う)

でもMoI 3.0 ではできるのか不明・・・コマンドがないのだ。

もうちょっと使ってみないと何とも言えないなー

solidThinking Evolveを試してみた。

f:id:manekinekoo:20171230183834j:plain

solidThinking Evolveの体験版を試してみた。

正直よくわかりません。

とてもマイナーな3DCADなのですが。

デザインするCADを探していたらこれを見つけました。

機能じたいは豊富にあって。

アイコン上で吹き出し文字もでるので割と親切なのですが。

それでも何がなんだかわからない。

初歩的な操作もままならない感じです。

マイナーなため解説書などもないです。

でもデザインするには向いてそうなCADです。

しばらく試してみます。

椅子のデザインやってみた。

f:id:manekinekoo:20171229180509j:plain

椅子のデザインをしました。

サイクロンソリッドの画面です。

相変わらず使いにくい部分はありますが・・・

逆にサイクロンだからデザインできるかもと思った所があります。

サイクロンは細かいモデリングが苦手です。

できるだけ少ないポリゴンで作らないと曲面が綺麗になりません。

だから嫌でもシンプルなデザインになります。

ですから、そのようなデザインには向いているということだと思います。

個人的にもシンプルなデザインは好きです。

当時の雑誌にサイクロンソリッド97の記事

 

 パドマガという雑誌の記事です。

発売直後の一番盛り上がっていた時期だと思われます。

これを期に開発が終了するとは・・・

残念ですね。

光栄が本気で開発したことは伺えます。

しかしながらCADと3DCGとのいいとこ取りが逆にあだになったのは言うまでもない。

どちらかに特化したら生き残ったかも知れない。

後の祭りですがね。

 

当時としてはレンダリングが早い。

ピンぼけ効果、フォグ効果、3Dリアルタイムプレビューなど最先端の技術を取り入れたはずなんですが、

そこそこは売れたはずなのですが。

インターフェースも改善されたのが逆に3を使ってた人には不評だったとも聞いたことがあります。

いや残念ですね。

 

ちなみに今使ってもソリッドモデラーとしては十分使えます。

大規模な設計でなければ全然使えるレベルのソフトです。

個人事務所などでは重宝すると思います。

 

今のCADや3DCGソフトは一般の人が気軽に使うことは不可能です。

専門の技術者でないと到底使えません。

一般の人が気軽に使えるのはサイクロンソリッドのみだと思います。

 

f:id:manekinekoo:20170925105221j:image
f:id:manekinekoo:20170925105149j:image
f:id:manekinekoo:20170925105041j:image
f:id:manekinekoo:20170925105014j:image