サイクロンソリッドの利用範囲とメリット

現在巷にある3DCGは非常にリアルになっています。
写真と見分けが付かないくらいリアルになっています。
3Dソフトは非常に高機能になりレンダリングも進化しているからです。

それでも設計の分野ではそれほどリアルにしなくていい場合があります。
外観デザインなどをする程度ならほどほどのリアルさで十分です。
そこでサイクロンソリッドの活用範囲も決まってくると思います。
個人や中小企業での設計デザインに活用できると思います。

  • 3Dで設計したいがそんなに予算がない。
  • 3DCGを覚えるような時間も技術もない。

このような分野で活躍できるのがサイクロンソリッドです。
これは個人や中小企業にとっては大きなメリットです。
巷の高機能3Dソフトではこのメリットはありません。
非常に高価であって、覚えるのも簡単ではありません。

  • 高価なので手が届かない。
  • 操作がわからなく途中で挫折してしまった。

僕もそんな経験がありますのでよくわかります。
ですからサイクロンソリッドはまだまだ需要はあると思います。
一般の人が気軽に使える3Dソフトとして需要はあると考えられます。