ライトとマテリアル(質感設定)

内観パースをリアルにする方法のおさらいです。
簡単に説明すると。
ライトとマテリアル設定を変更する必要があります。
それぞれ詳しく説明していきます。

f:id:manekinekoo:20170716114447j:plain

f:id:manekinekoo:20170716114459j:plain

 左:デフォルト     右:ライトとマテリアル改善
左画像
ライトはデフォルトでは自動ライトと環境光がONになっています。
左画像はほぼデフォルト状態です。
この場合は正面からライトを照らしている状態です。
正面の壁に光が当たって妙に明るくなっています。
また天井はまったく光が当たってなく黒くなっています。
レイトレーシングだと光が当たっていない部分は黒くなります。
 
右画像
改善点、点光源を複数置き、自動ライトと環境光をOFFにします。
点光源は暗めに設定して複数置きます。
これにより部屋全体に光が拡散しているように見えます。
スポットライトの光が部屋全体を明るくしているイメージです。
ある意味自然に近いイメージです。
自然の中では光というのは壁に反射して拡散します。
光が直接当たっていない部分でもかすかに明るくなります。
それが自然の光です。
しかし、レイトレーシングではそれができません。
光は壁に当たったところのみ明るくなります。
光が当たっていない部分は黒くなります。
光が拡散することはありません。
そこで点光源を複数置くことでかすかに明るくします。
全体的にかすかに明るくなります。
 
 

f:id:manekinekoo:20170716114526j:plain

f:id:manekinekoo:20170716114538j:plain

左画像
次にマテリアル(質感設定)を変更します。
左画像はデフォルトの設定です。
正面の壁に光が当たっている部分の反射が大きくなっています。
非常に明るくなっています。
ある意味スポットライト的に見えますが。
悪く言えばCGっぽくも見えます。
 
右画像
壁の反射率を最低まで落としています。
これにより正面の壁でも明るくなり過ぎることはありません。
壁が全体的に明るく見えます。
 

f:id:manekinekoo:20170716114552j:plain

f:id:manekinekoo:20170716114603j:plain

左画像
オブジェクト(立方体と球)の質感も変えてます。
左画像はデフォルトです。
オブジェクトの面がのっぺりしてます。
拡大してみると明らかにCGぽいです。
 
右画像
右画像は改善しています。
少しだけ鏡面性を高くしています。
これにより光が映り込んで見えます。
映り込むことによって少し明るくなります。
自然な明るさの光が当たっているように見えます。
拡大して見比べるとわかりやすいと思います。

f:id:manekinekoo:20170716114624j:plain

制作画面