レンダリングスピードを上げる方法

サイクロンSolid97はレンダリングが遅い。
そう思っていませんか。
何しろ1コアにしか対応していない。
これがネックです。
どうにかできないものか。
マルチコアに対応する方法はないものか。
ここでは擬似的に対応する方法をご紹介します。

モデリングデータ

f:id:manekinekoo:20170716115503j:plain


スピードを上げる?
実際にはレンダリングスピードは上がりません。
サイクロンには部分レンダリングという機能があります。
いくつかの画像を同時に部分レンダリングします。
そしてCPU稼働率100%に近づけます。
そして完成画像を合体させます。
合体させて結果的に早く仕上げます。
ただ、画像サイズなど様々な制約を受けます。
それでも構わない場合に利用できます。

具体的には。

  1. デュアルコア以上のマシーンを用意します。
  2. レンダリングしたいファイルを立ち上げます。
  3. レンダリングオプションを開きます。
  4. 画像サイズ:自動調整へ変更
  5. レンダリングウィンドウは最大化します。
  6. データを上書き保存します。
  7. サイクロンソリッドを別途立ち上げます。
  8. レンダリングウィンドウで実行する部分を選択します。
  9. 複数を同時に部分レンダリングします。
  10. 完成画像は保存します。
  11. Photoshopで画像を合体させます。


実際にレンダリング時間を計測しました。

  • 普通に1つのソフトでレンダリングした場合:7分53秒
  • 3つのソフトでレンダリング+合体した場合:7分51秒

結果的にはあまり変わりませんでした。
レンダリングした場所が悪かったです。
1枚だけは6分くらいかかってしまいました。
加工時間を含めるとあまり変わりませんでした。

結果として。
レンダリング時間が短い画像には向かない。
レンダリング時間が膨大にかかる画像に向いている。
このような結論になりました。

 3等分の結合画像

f:id:manekinekoo:20170716115524j:plain

3等分のレンダリング画像

f:id:manekinekoo:20170716115540j:plain

 

f:id:manekinekoo:20170716115552j:plain

 

f:id:manekinekoo:20170716115607j:plain